筆がかける虹の橋

久しぶりに自分が使う扇子をデザインしてみた

いつもの通り何を書こうか悩む時間

 

夕方のテレビでコブクロの小渕健太郎さんが対談番組に出演していた

「引っ込み思案な僕をこのギターは色んな所へ連れて行ってくれた」

なるほどなあ サラリーマンだった小渕さんを何万人のステージまで

連れて行ってくれたのは 一本のギターだというお話 感動しました

 

私の人生も筆が色んな所に連れて行ってくれたなあ

フィレンツェの学校にも筆巻きに入れた筆と作品を持って

パリのギャラリーにも筆と作品を持って

中国の書道研修も勿論 my筆を持って

いつもスーツケースの隅っこに筆巻きを入れる

今回は観光だけやしと思って迷ってもやっぱり入れる

そうすると観光旅行と全然違う体験をいつもさせてくれた

 

何よりこんな色んなバラエティに富んだ出逢いに恵まれるのも

筆のお蔭 私と新たな出会いの架け橋にいつもなってくれる

 体の一部かそれ以上の存在

精神的にしんどい時もやはり筆に救われ

絶好調の時は想像以上の喜びをくれる

「虹」にしました 虹の架け橋

これからもよろしく